02台風や防犯に備える窓

暴風雨に負けない強さと
窓からの侵入対策で安心な住まい

近年、異常気象や
自然災害が増加

猛暑や台風・ゲリラ豪雨など
自然災害が増加。
一年を通し厳しい環境となっています。

  • 台風の大型化
  • ゲリラ豪雨多発
  • 猛暑日の増加

データに見る自然災害

○台風の発生・接近・上陸数

2010〜2019年までの台風の発生数、日本への接近数・上陸数

※気象庁ホームページ「台風の統計資料」より

○局地的な大雨の発生回数
  • 「非常に激しい雨」…50o以上80o未満(1/h)
  • 「猛烈な雨」…80o以上(1/h)

※気象庁「アメダスで見た短時間強雨発生回数の長期変化について」より

1雨や風に強い性能

水密性・耐風圧性が高い窓を
選びましょう

強風によるサッシの変形やガラスの破損、室内への雨水の浸入を防ぐには、
耐風圧性・水密性の高いサッシを選びましょう。

1水密性とは
○屋内への雨水の浸入をどの程度防げるかを示す性能です。

数値が大きいほど水密性が高くなります。例えばW-3等級は、1時間あたり240oの降雨時に風速20m/s程度の風が吹いてもサッシからの雨水浸入がないということになります。

JIS等級 (参考)風速換算値
W−5 風速20〜35m/sに該当
W−4 風速16〜29m/sに該当
W−3 風速14〜24m/sに該当
W−2 風速11〜19m/sに該当

●雨量240o/hを想定

対応商品
等級表示 (Pa)
W−5 500Pa
  • アルジオ
W−4 350Pa
  • マディオJ・M
  • マディオP
W−4 350Pa
  • スマージュ

※一部商品・サイズを除きます。

2耐風圧性とは
○窓がどのくらいの風圧に耐えられるかを表す性能のことです。

台風などの強風によって窓が変形したり、ガラスが割れたりすることがないようにするために非常に大切な性能です。数値が大きいほど耐風圧性が高くなります。

JIS等級 (参考)風速換算値
S−4 風速57m/sに該当
S−3 風速51m/sに該当
S−2 風速44m/sに該当
S−1 風速36m/sに該当
対応商品
等級表示 最大瞬間風速
S−4 57m/s
  • アルジオ
S−3 50m/s
  • マディオJ・M
  • マディオP
S−3 50m/s
  • スマージュ

※一部商品・サイズを除きます。

暴風雨に負けない窓
「アルジオ」

激しい暴風雨から住まいを守る高い耐風圧性・水密性を兼ね備え、耐久性を追求した窓です。

水密性
W-5

1時間あたり240oの降雨時に、風速35m/sの風が吹いても雨水が下枠からあふれない性能

耐風圧性
S-4

最大瞬間風速57m/sに耐えられる性能

※風速50m/sとは、人が立っていられない、樹木が根こそぎ倒れ始める状況。

2ガラスを守る

飛来物からガラスを守る窓

台風などの暴風の際、飛来物によりガラスが割れると、
ガラスでケガをするだけでなく、一気に室内に風が吹き込み、
屋根を飛ばす被害も報告されています。
シャッターなどで窓を守る対策をしましょう。

風の強さと吹き方(気象庁HPへリンク

シャッターや雨戸で
ガラスをガード
  • シャッター付引違い窓
  • 雨戸付引違い窓
  • 面格子付引違い窓
対応商品
  • シャッター付引違い窓
    • アルジオ
    • マディオJ・M
    • マディオP
  • 雨戸付引違い窓
    • マディオJ・M
    • マディオP
  • 面格子付引違い窓
    • マディオJ・M
    • マディオP

揺れに強い窓「アルジオ」

地震の揺れは、サッシの性能低下や開閉に支障をきたす場合があります。また、大きな地震に襲われた場合のガラスの飛散や脱落などを想定し、揺れに強いサッシを選びましょう。

年々増加する
侵入窃盗犯による犯罪

被害に遭わないようにするには、
狙われない家にすることが最大の防御になります。

一番多い「窓からの侵入」

なかでも最も多いのは、直接庭に出入りできる「1階居室の窓」。玄関、台所、浴室、トイレ、勝手口も防犯対策のチェックポイント。2階建て以上の住宅の9割が、1階から侵入されています。

警察庁ホームページより住まいる防犯110番

1心理的防犯

見た目の抑止効果で侵入を
あきらめさせる!

1面格子や雨戸、
シャッターで窓をガード
  • 堅ろうな印象を与える面格子やシャッター・雨戸は見た目に侵入しにくいと思わせ、敬遠させる抑止効果があります。
    死角になりやすい場所の窓には面格子を、大きな開口の窓には、シャッターや雨戸を取り付けるのが効果的です。

  • シャッター付引違い窓
  • 雨戸付引違い窓
  • 面格子付引違い窓(たて格子)
2侵入が困難なサイズ・
形状の窓を選ぶ
  • 高所用すべり出し窓
  • すべり出し窓
  • 採風勝手口ドア(たて格子)
  • プチ窓

2物理的防犯

手間取らせて侵入を
あきらめさせる!

1二重三重の侵入防止機能
空かけ防止機能付
クレセント

障子が確実に閉まっていないとクレセントがまわらず、施錠できないので、空かけを防止します。

キー付クレセント・
ダイヤル錠付クレセント

キー付はキーがないと解錠できず、ダイヤル錠付はダイヤルを解錠番号に合わせないといけません。もしもガラスを割られても、解錠は困難です。

2ロック仕様
引違い窓
2ロック仕様
たてすべり出し窓
  1. 空かけ防止
    機能付クレセント
  2. サブロック
  1. オペレーター
    ハンドル
  2. ロック
2錠や締りを強化し、部材の工夫などによって防犯性を高めた防犯建物部品

侵入者がピッキングなどを開始してから、建物内部に侵入できるまでの時間を「抵抗時間」と呼び、侵入までに5分間以上必要であるとされています。
各商品ごとに試験を行い「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」の厳正な審査を経て、その防犯性が評価された部品が「防犯建物部品」として公表されています。

「防火地域」
「準防火地域」に
お家を建てる方は…

建築基準法では、「防火地域」「準防火地域」に建設される建物の外壁に設置される開口部のうち、延焼のおそれがある部分には防火設備(防火戸)を使用するように定めています。万一、隣家から火災発生しても20分間の熱に耐え、避難のための時間を稼ぐ事ができます。

ページトップへ