省エネルギー基準について

参考情報 −ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH ゼッチ)について−

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは?

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電などによりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への対応

2014年4月に閣議決定した「エネルギー基本計画」で「住宅については、2020年までに標準的な住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政策目標が決定。2015年7月の「長期エネルギー需給の見通し」でも、2030年に達成すべき省エネルギー量を達成するうえでは、「ZEHの普及促進等により高度な省エネルギー性能を有する住宅の普及を推進する」ことが前提となっています。経済産業省では目標の実現に向け、ZEHロードマップ検討委員会を設置。今回、ZEHの普及に向けた中間とりまとめ案を公表しました。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への対応

ZEH要件(強化外皮基準)

ZEH基準中でZEH要件の1つ目が「強化外皮基準」です。全ての地域において平成28年省エネルギー基準より高い水準の性能が設定されています。

ZEH要件(強化外皮基準)

ZEH要件(基準一次エネルギー消費量を20%以上削減)

ZEHの要件2つ目は、一次エネルギー消費量(家電と調理に使うエネルギーを除く)が、省エネルギー基準よりも20%以上削減できることが要件となります。

ZEH要件(基準一次エネルギー消費量を20%以上削減)

ZEH要件(創エネ含め基準一次エネルギー消費量を100%以上削減)

ZEH要件(創エネ含め基準一次エネルギー消費量を100%以上削減)
ページトップへ