照明 ワンダーライト(DC12V・24V) 新商品 2018年3月発売

照明 ワンダーライト(DC12V・24V)

電気工事士の資格が不要で施工が簡単。少ない消費電力で十分な明るさを得ることができます。

商品データベース・ローボルトプランナー

商品特長

ローボルトライトシステムが屋外照明の可能性を広げます。

ワンダーライト

ローボルトライト(DC12V・24V)システムのメリット

ローボルトライト(DC12V・24V)システムのメリット

ローボルトライトシステムについて

ローボルトライトシステムについて

規模に応じて使い分け、最大約6倍の距離に対応。

ローボルトライトシステムについて
ローボルトライトシステムについて

1ライン当たりの消費電力と使用可能距離

使用可能距離を超える配線により、11V以下(12Vで商品を接続した場合)または23V以下(24Vで商品を接続した場合)に電圧降下した場合でも点灯はしますが、本来の光量を得られません。グラフからは、1ラインが何mの距離まで、本来の光量を発揮し、配線可能かを読み取ることができます。

1ライン当たりの消費電力と使用可能距離

オプション

人感センサー【HECー019K】

人感センサー

人感センサーを組み合わせればお好みのワンダーライトをセキュリティライトとして活用できます。

人感センサーと組み合わせ
人感センサー

人が近づくと点灯、いなくなると設定時間後に消灯します。

●24V用トランスを使用する場合、24V用コンバータ(器具外部に設置)が別途必要です。

ON/OFFモード

暗くなると照度センサーが起動し、人感センサーが待機状態になります。人が近づいた時にパッと100%点灯します。

ON/OFFモード

センサーの検知エリア

センサーの検知エリア
設置場所に関する注意事項 ※次のような場所に取り付けしないでください(検知不能、誤作動、故障の原因になります)。
①夜間でも他の照明の光がセンサーに当たる明るい場所。
②木かげ、ひさしの下など昼間でも暗い場所。
③車のヘッドライトなど強い光が当たる場所。
④エアコンの吹き出し口の近く。吹き出し口に対向する場所。
⑤壁から1.5m以内の場所。壁面から十分に距離をとってください。
⑥検知エリア内に風などで揺れるものや樹木などがある場所。
⑦検知エリア内に障害物がある場所。 
ページトップへ