時計台

時計台

正確な時刻を自動的に調整する長波電波時計を採用した時計台。

商品体系

3面時計タイプ

3面時計タイプ

2面時計タイプ

2面時計タイプ

内照仕様(文字盤点灯時)

内照仕様(文字盤点灯時)

LEDを内蔵していますので夜間でもハッキリ見えます。

無照仕様

無照仕様

商品特長

自動的に時刻調整する長波電波時計。

長波受信器(LFR:Low Freqency Radio)は、時刻とカレンダー情報が入った標準電波を受信することにより正確な時刻を取得し、時計駆動器の時刻を定期的に修正します。

標準電波は、国内の次の2カ所から送信されています。

1.福島県南部の大鷹鳥谷(おおたかどや)山にある送信所
(周波数40KHz)
2.福岡県と佐賀県の県境にある羽金(はがね)山にある送信所
(周波数60KHz)
上記の2つの電波のうち、条件の良い電波を自動選択し、受信します。
また、無指向性アンテナを採用しておりますので、アンテナの方向を合わせる必要がありません。ただし、受信可能範囲であっても天候、設置場所、時間帯、地形や建物の影響などによって、受信できない場合があります。電波障害などにより、誤った受信をする場合があります。

標準電波は、国内の次の2カ所から送信されています。

受信可能範囲

受信可能範囲

取り付け場所について。

1.時計の設置場所は太陽電池部に太陽光が1日最低4時間以上(午前10:00〜午後2:00)当たるところを選んでください。

2.将来、樹木の成長、ビルの建築などで日陰にならない場所に設置してください。太陽光が1日4時間以下のところでは、バッテリーに充電が十分にできず、時計が停止することがあります。

※写真は2面時計タイプです。

取り付け場所について。

オプション

アンカーセット

アンカーセット 3面時計タイプ用

3面時計タイプ用

アンカーセット 2面時計タイプ用

2面時計タイプ用

施工例

  • 施工例01
  • 施工例02

メニュー

データタウンロード

ページトップへ