景観プラン

自然地形を活かした立地が多く見られる日本の都市空間。その土地独自の環境や文化によって各地域特有の個性を育み、美しいランドスケープを形成しています。エクステリア商品に対する要求も、機能やデザインにおいて、それぞれ環境との調和が求められています。
三協アルミは、景観を形成するエクステリア商品を「かたち」からだけではなく、自然と人間との心地よい「関係」を基本に、環境デザインの観点から、現状を把握し、何を残し、何を育て、何を新たに創造すべきかを考えています。

PLAN 4 河川・港湾

ウォーターフロント開発を始めとした河川や港湾の環境整備が急速に進められており、地域の特性を活かした景観形成にプラスして、抑制や防止など安全面においても充分な配慮が必要とされます。景観の特色を生かしたデザイン性と安全対策や塩害対策などを充分に考慮することがポイントと なります。

ページトップへ