プラメイクEⅡ

WEBカタログ

Point.1 断熱・遮熱効果

快適な温度を保つしくみ

窓からの熱の流出入を抑えればエアコンの効きがアップします。冬は寒さを入れにくく、夏は涼しさを逃がしにくくなるため、冷暖房コストの節減に貢献します。プラメイクEⅡを取り付けることで、既設外窓との間に生まれた中間空気層と、熱が伝わりにくい樹脂が外気と室内を遮断し、高い断熱効果を発揮します。

◎室内側窓表面温度の比較

◎断熱性

●国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」に記載の算出方法により、代表試験体サイズにて算出。
※1 単板ガラス仕様の引違い窓に複層ガラス(A10以上)仕様のプラメイクEⅡ引違い窓を取り付けた場合。(付属部材なし)
※2 単板ガラス仕様の引違い窓に単板ガラス仕様のプラメイクEUを取り付けた場合。(付属部材なし)

◎夏の遮熱効果を高める

プラメイクEⅡを付けて遮熱性アップ!

熱は窓から

涼しさや暖かさは、窓やドアからどんどん逃げていきます。冬の暖房時には家全体の約58%もの熱が窓やドアから外へ流れ出ています。また、夏に窓やドアから入り込む熱は家全体で約73%に達します。

出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会 ホームページより

夏の遮熱には
日差しの調整も重要。

窓から差し込む日差しは、室内温度の上昇につながります。外部に日差しを遮るアイテムを設けて遮熱をすると、エアコンの効率がアップします。

外付ロールスクリーン ラクシェード

詳しくはこちら

オーニング カフェリオ

詳しくはこちら

目隠し可動ルーバー エコ面格子Ⅱ

詳しくはこちら

◎断熱効果比較

プラメイクEⅡを取付けると…

寒い季節は、断熱効果が高まります。

空気の流れを動画で見る

プラメイクEⅡの効果で天井から足元まであったかです。

シミュレーション条件

●設定温度 屋外0℃ 室内20℃ ●暖房運転:エアコン連続運転 ●エアコン設定温度:22℃

暑い季節は、断熱効果が高まります。

空気の流れを動画で見る

プラメイクEⅡの効果で、エアコンの
効果が高まり、涼しく快適です。

シミュレーション条件

●設定温度 屋外36℃ 室内26℃ ●冷房運転:エアコン連続運転 ●エアコン設定温度:26℃

省エネになって家計にやさしい

プラメイクEⅡを取り付けることで、窓からの熱の出入りを大幅に抑え断熱性がアップします。断熱性に優れた住まいは、エアコンの効きが良くなるので、冷暖房費の節約やCO2排出量の削減に期待がもてます。

◎年間電力消費量(冷暖房)

年間電力消費量

◎年間灯油消費量(灯油ストーブ)

年間灯油消費量

( )内の数値は、6地域 東京のものです。

冷暖房の場合には、杉の木約101本分のCO2吸収量を削減、灯油ストーブの場合は約64本分のCO2吸収量を削減します。
東京は冷暖房の場合には、杉の木約34本分、灯油ストーブの場合は約33本分となります。

シミュレーション地区:3地域 盛岡

※「外窓のみ」は、昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.5回/h)/アルミサッシ+単板ガラスを使用。
※「外窓+プラメイクEⅡ」は、昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.0回/h)/アルミサッシ+単板ガラスにプラメイクEⅡ(複層)を使用。

算出条件

●計算ソフト:「AE-Sim/Heat」 ●計算地点:拡張アメダス気象データ2000年版標準年を使用 ●エネルギー消費量算定方法:国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」に基づきエネルギー消費量、暖冷房金額に換算。 ●モデル:IBEC「平成25年省エネ基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ住宅」の寒冷地モデル(2階建/延べ床面積120.08㎡、間口率:21.0%) ●スケジュール:在室者及び住宅設備の運転条件は「住宅事業建築主の判断基準」(4人家族)による ●暖冷房機器と運転条件:エアコン・灯油FF暖房機 間欠運転 暖房20℃、冷房27℃ 湿度60%(就寝時28℃) ●住宅断熱仕様と窓:[改修前]昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.5回/h)/アルミサッシ+単板ガラス[改修後]昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.0回/h)/アルミサッシ+単板ガラスにプラメイクEⅡ(複層)を設置(9窓) ●遮蔽物:全19窓のうち居室の窓(8窓)にレースのカーテン、和室の窓(1窓)に内障子を設置 ●窓の性能値:熱貫流率 サイズ別のJIS計算 日射熱取得率 サイズ別のJIS計算 ●電気料金:27円/kWh(社)全日本家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価 ●CO2排出係数(電気):0.57kg-CO2/kWh 電気事業連合会「電気事業における環境行動計画」2013年度二酸化炭素排出係数 ●灯油料金:112円/ℓ 石油情報センター「全国平均灯油(配達)小売価格(2014年6月)」 ●CO2排出係数(灯油):2.49kg-CO2/ℓ 環境省「家庭からの二酸化炭素排出量算定用排出係数一覧」平成22年3月 ●CO2吸収量(スギの木):14kg-CO2/本 環境省「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」
※建物の構造、住まい方の条件により同様の効果が得られない場合があります。
※2015年3月現在の算出条件です

ページトップへ