人工木デッキ ひとと木2 タイプ追加

商品特長

天然木の温もりのある風合いを再現しつつ、耐候性・耐久性に優れ、メンテナンスが容易な人工木デッキです。

ペット対応ポイント

見た目や質感にこだわった人工木デッキ

天然木の温もりのある風合いを再現した床板と、表面を凹凸加工し、木目風の柄を施した木目床板をご用意。

床板/木目床板

床部(床板・床板構造)を新設計し、品質・施工性を向上。

床部(床板・床板構造)を新設計

多彩なフェンスと組み合わせてオリジナリティのある空間提案

フェンス・門扉の充実したバリエーションで、住まいに合わせたコーディネートが可能です。

オリジナリティのある空間提案

お願い:フェンスを転落防止柵としては使用しないでください。

人工木の特長

天然木の温もりのある風合いを再現しつつ、耐候性・耐久性に優れ、メンテナンスが容易な人工木デッキです。

ささくれができないので肉球に優しい

優れた木質感

木粉を配合し、温もりのある柔らかい木質感を再現。

高い耐腐性・耐蟻性

天然木に比べ腐食に強く、シロアリなどの被害はほとんどありません。

優れた耐候性で、定期的な塗り替え不要

耐候性・耐久性に優れ、経年劣化による変色や色あせが少なく、定期的な塗り替えは必要ありません。

やさしい手触り

やさしい手触りで、割れや節がなく反りはほとんどありません。

キズの補修が容易

天然木のような補修の塗装は必要ありません。キズはサンドペーパーで容易に補修できます。

天然木と同等の加工性

天然木と同様、切断や穴あけ、ビス打ち等の加工も容易です。

床板(人工木デッキ)

床板

表面材は、木粉添加率を下げた耐候処理材料を使用することで表面からの吸水を抑え、より高い耐候性・耐久性を実現しています。

床板

木目床板(人工木デッキ)

表面を木目風に加工した床材を用意しました。(昇温抑制仕様対応)

木目床板
滑りにくい床で足腰への負担を軽減反りを抑えているので水たまりもできにくい 木目床板
よりリアルな木質感

表面に木目風の加工を施すことで、よりリアルな木質感を再現。並べても飽きのこないシンプルな柾目柄です。

より頑丈な床板

標準床板に比べ、肉厚を厚くすることで、人が乗った時のたわみ感をよりおさえました。

滑りにくい

標準床板に比べ、表面の凹凸が大きいので、滑りにくくなっています。

●一部対応しない納まりがあります。「点検口・アール」

昇温抑制仕様(人工木デッキ)

人工木表層材に遮熱顔料を使用し、デッキ表面の温度上昇を抑えています。(床板・桁・笠木)

温度上昇を抑えることでストレス軽減

「ひとと木2」と「当社従来品」の比較
人工木について
  • ■ひとと木2の床材には、人工木として樹脂と天然の木粉を原料に使用しているため、色や形状・寸法に多少のバラつきが発生します。
  • ■人工木は木粉を使用しているため、雨や紫外線の影響などでやや白っぽく変化しますが、強度に影響はありません。
  • ■人工木の特性上、降雨による雨じみが発生することがありますが、商品全体に十分に水を撒き自然乾燥させると目立たなくなります。
  • ■人工木は天然木と同様に外的要因により、汚れやしみ、黒い斑点(かびなど)が発生する場合があります。対処方法は取り扱い説明書をご確認ください。
  • ■人工木は水分を吸収しないため、設置後、間もない状態では表面に雨水がたまったり乾き方が異なる場合がありますが、時間経過とともに軽減されていきます。
芯材の色違いについて
  • ■ひとと木2の芯材には、廃プラスチックをリサイクルし使用しています。部材によって芯材の色が異なりますが、商品の仕上がり強度には問題ありません。
芯材の色違いについて
熱伸縮について
  • ■人工木の特性上、使用に差し支えない範囲で、熱によって多少反りや伸縮による変形が発生する場合があります。
静電気について
  • ■人工木は樹脂を使用しているため、歩行で生じる摩擦により、静電気を帯電することがありますので、あらかじめご了承願います。オプションで、静電気を軽減する「静電気除去シート」をご用意しています。
芯材の色違いについて
表面温度について
  • ■デッキの上では、履き物を履いて利用してください。日中、日差しが強い時はデッキが高温になっているため、裸足で歩いたり、乳児を一人で遊ばせると、やけどをするおそれがあります。また雨などで濡れたデッキ、ステップはすべりやすくなっているため、転倒するおそれがありますので注意してください。

ワイド幅の床板

室内フローリング材で人気のあるワイド床板。

ワイド幅の床板

重厚感と安定感が増し、より広々としたデッキ空間を演出します。

ワイド床板

従来よりすき間のエッジ部をシャープにする事で指がはさみにくくなりました。

ワイド床板

床下構造

束柱・大引きにアルミ形材を使用することで、白蟻や害虫などによる被害の心配はほとんどありません。

床下構造

前桁・側桁

反りやたわみが少なく、重厚感のある厚桁。

厚桁

「ひとと木」の厚桁・薄桁を、新厚桁へ一本化。重厚感があり、かつリーズナブルな桁です。

厚桁

施工誤差や床板の伸びを考慮したかぶり代。

前桁取り付け部品

天然木に比べて大きな熱伸びを取付金具にて吸収します。

前桁取り付け部品

床板固定方法

表面からねじの見えない床板固定金具

床板固定金具

ねじ頭が見えないので、表面がスッキリ仕上がります。

前面大引き移動納まり

前桁側の大引きを現場に合わせて移動することができます。

前面大引き移動納まり

根がらみ

施工性が向上する根がらみを標準でご用意。

根がらみ

束柱

固定タイプと調整タイプの束柱をご用意

束柱

日頃のお手入れも手間がかかりません。

水洗いでサッときれいに

水洗いでサッときれいに

汚れが付いた場合、水で濡らした布やスポンジ、デッキブラシなどを使って、水洗いしてください。

●汚れがひどい場合、薄めた台所用合成洗剤(液性:中性)で汚れを落とし、洗剤が残らないようによく水洗いをしてから拭き取ってください。
●特に汚れがひどい場合、汚れを落としたい部分に漂白剤を塗布または噴霧し、所定の時間放置し、放置後十分な水で漂白剤を完全に洗い流してください。
●推奨漂白剤は、次亜塩素酸系漂白剤(台所用漂白剤)、次亜塩素酸系かび取り剤(カビキラーなど)です。
●漂白剤の使用にあたっては、漂白剤に記載されている「使用上の注意」を必ず守ってください。
●スポンジを使用する場合は、スポンジの取り扱い説明書をご確認ください。

デッキ表面についたキズの補修が可能

水洗いでサッときれいに

デッキ表面にキズがついた場合、市販のサンドペーパー(60番)で表面を長手方向の節目に合わせ、キズなどが生じた部分を周囲と全体的にぼかす感じでこするときれいに補修できます。平らな広い面を修復する場合、サンドペーパーホルダー(サンドペーパーを取り付ける道具)を使うと楽に修復できます。

●サンドペーパー、サンドペーパーホルダーは、市販品をご用意ください。
●表面を皮覆していますので、汚れの落ち方を見ながら過度に強くこすらないでください。芯材が露出してしまいます。
●シンナー、ベンジンなどの有機溶剤は使用しないでください。材料が変色するおそれがあります。
●部分的にキズの補修を行った場合、周囲の外観と違って見えることがあります。“周囲を含め全体的にぼかす感じでこする”ことがポイントです。
●木目床板の場合、木目風の加工が消えてしまいますので、サンドペーパーによるキズの補修はできません。キズが深く大きい場合などは、床板を交換していただくことをお勧めします。
ページトップへ