床化粧材

メイクファードシリーズ:バルコニー手すりM型

素材感にこだわったプラスチック・タイルと
手軽にウッドデッキとして楽しめる人工木デッキをラインアップ。

プラスチック・タイル

バルコニーを美しく彩るためだけではなく、室内や風景とつなぎ合わせて、オリジナル空間をつくり上げます。

タイルには、素焼き風の素材感が四季の彩りに調和し、ガーデニングにも最適な「テラコッタ調タイプ」や、高級和紙をモチーフに櫛目(くしめ)調の自然な陰影を表現し、上品な和みが感じられる「櫛目(くしめ)調タイプ」など、多彩なバリエーションを用意しています。

プラスチック・タイル

細部にまで気を配った、こだわりの設計

滑りやつまずきを抑えた安心・安全設計

滑りやつまずきを抑えた安心・安全設計

表面に滑りにくい表面加工を施したうえ、タイルの四辺を面取り。目地のすき間にも安全性を考慮した設計で、お子さまやお年寄りの歩行も安心です。

着脱が簡単で施工しやすい形状

着脱が簡単で施工しやすい形状

差し込み部の形状が大きく丸いので、はめ込みが簡単。連結部の強度にも優れた設計です。

水はけがよく清潔な排水機能

水はけがよく清潔な排水機能

裏足を高く設計し、床面との間に十分な排水空間を確保しました。水はけがよくゴミ詰まりや水の腐食による悪臭が発生しにくい、クリーンな構造です。

施工は連結部を押し込むだけ。スピーディに美しく仕上げます。

連結部分を合わせて押し込むシステムなので、部分的に取りはずしてのお手入れや交換も可能です。 

手順1

採寸、割り付け後、連結部の凹凸を合わせて確実に押し込みます。

手順2

幅調整材で納める場合は、表面の溝に沿って調整材をカットします。

手順3

端部のすき間に合わせ、調整材を連結します。

仕上がり例

コーナー部でも、違和感のない納まりになります。

静電気低減の優れた特性(プラスチック)

プラスチックの裏面に静電気の発生を低減するカーボン繊維が貼付されていますので、静電気に敏感な方でもお使いいただけます。

静電気低減の優れた特性(プラスチック)

幅調整材【オプション】

表面の溝に沿って簡単にカットできる幅調整材。端部のちょっとしたすき間など、必要な幅に合わせた調整が可能です。2種類の連結方式で、さまざまな納まりに対応します。

幅調整材

※連結ありのみ

お手入れについて

●汚れたとき
汚れたとき

ぞうきんで水拭きするか、スポンジやブラシで水洗いしてください。汚れがひどいときは中性洗剤で洗い流した後、洗剤分を残さないよう水洗いしてください。酸素系・塩素系洗剤や漂白剤は使用しないでください。

●ゴミやほこりが詰まったとき
ゴミやほこりが詰まったとき

小さなゴミやほこりは、掃除機で吸い取ってください。ゴミが気になる場合は、水で洗い流してください。床化粧材本体を取りはずして水洗いすることもできます。

●割れたり破損したとき
割れたり破損したとき

破損した部分を取りはずし、新しいものと交換してください。特にタイルが割れた場合は、破片でけがをしたり、バルコニーの下地をキズつけるおそれがあるので、すぐに破損部を掃除し、破片を取り除いてください。

※スポンジを使用する場合は、スポンジの取り扱い説明書を確認願います。

人工木デッキ

しっとりと落ち着いた表情の「ローズウッド色」を用意しています。

人工木デッキ本体は「ローズウッド色」を用意。上品な色合いとあたたかみのある質感で、いつまでも飽きのこないデザインです。

プラスチック・タイル

思い通りの仕上がりを実現する本格デザイン

施工性・メンテナンス性に配慮した快適設計

高級感あふれる長尺デザイン

高級感あふれる長尺デザイン

本格的なウッドデッキの風格が漂う、長尺デザイン(L=600タイプ)を採用。継ぎ目の目立たない、高級感あふれる仕上がりが可能です。

仕上がりが選べる2サイズ展開

仕上がりが選べる2サイズ展開

たて方向の目地をそろえた定尺貼り、目地を交互にずらした千鳥貼りの両方に対応。お好みのイメージに合わせて仕上がりが選べます。

並べて連結するだけの 簡単施工

並べて連結するだけの 簡単施工

ジョイント部を合わせて上から押し込むだけの簡単施工。カチッと確実に施工でき、つまずきの原因となる浮き上がりを防ぎます。

水はけのよい クリーンな構造

水はけのよい クリーンな構造

商品裏面の高い裏足が、十分な排水空間を確保。雨上がりの水はけもよく、ゴミ詰まりや水の腐食による悪臭が発生しにくい構造です。

周辺部材

小口などを美しく仕上げる周辺部材を用意しています。

小口カバー

小口カバー

デッキ材の断面を隠す小口カバー。

小口カバー固定ねじ

小口カバー固定ねじ

ねじ頭を小口カバーの色と合わせた固定ねじ。

コーナーキャップ(出隅用・入隅用)

コーナーキャップ(出隅用・入隅用)

出・入隅納まりのコーナー部をきれいに仕上げるコーナーキャップ。

人工木商品の特性とお手入れについて

人工木商品の特性

  • ●「人工木デッキ」の表面材には、ポリエチレン樹脂と天然の木粉を主原料とする“人工木”を使用しています。
  • ●人工木は天然の木粉を使用していることで、色に若干のバラつきが発生することがあります。また、自然の風合いを出すため表面をサンディング加工していますので芝目のように人工木の長手方向に順目、逆目があり、施工後、光の当たり方や見る方向、角度によって色が部分的に違って見えることがあります。
  • ●天然の木材に見られるように、雨や紫外線の影響により人工木の原料である木粉は若干白っぽく変化します。よって人工木の色合いも木粉の影響により全体的に白っぽく変化します。色合いの変化は環境によって異なりますが強度には影響はありません。ご了承ください。
  • ●人工木は使用環境によって、雨や雪、散水などにより、表面に雨じみが部分的に残ることがあります。しみの除去については下記のお手入れ方法をお読みください。

人工木商品のお手入れ

  • (1)通常のお手入れ
  • ●「人工木デッキ」表面についたゴミ、ほこりはほうきなどでこまめに取り除いてください。商品表面が汚れている部分は、雑巾やスポンジなど柔らかいものを使って水洗いで拭き取り、乾拭きするか、薄めた中性洗剤を使って汚れを落とした後、中性洗剤が残らないようよく水で洗い流し、最後に商品表面に水が残らないよう必ず乾拭きしてください。
  • ●雑巾、スポンジ、デッキブラシを用いてお手入れする場合は、商品の長手方向(筋目の方向)に沿って行ってください。
  • ※ご注意ください
    デッキブラシを用いて汚れを取る場合は過度にこすらないでください。また金属ブラシの使用はおやめください。
  • (2)人工木表面に付着したしみや汚れについて
  • ●早めに取り除いてください。長時間放置しますと頑固なしみや黒ずみ、汚れの原因となります。
  • (雨じみの除去)
    使用環境によって雨、雪、散水により、「人工木デッキ」表面に雨じみが部分的に残ることがあります。
  • ①まず、(1)通常のお手入れの方法で「人工木デッキ」敷設面全体の表面のゴミ、ほこり、汚れを取ります。
  • ②次に散水ホースなどを用い、敷設した「人工木デッキ」敷設面全体の表面が完全に濡れるよう、十分散水します。
  • ③散水終了後、自然乾燥します。乾燥後、しみを目立ちにくくすることができます。水が「人工木デッキ」表面に部分的に後残りしている場合は、最後に必ず乾拭きをしてください。
  • (3)人工木表面についたキズについて
  • ●使用しているうちに商品表面にキズがつくことがあります。市販のサンドペーパー(♯80番)で表面を長手方向の筋目に合わせ、キズが生じた周囲を全体的にぼかす感じでこするときれいな状態になります。市販のペーパーホルダー(サンドペーパーを取り付ける補助器具)を使うときれいに仕上がります。
  • ※ご注意ください
    ♯80番以外のサンドペーパーや金属ブラシで研磨することはおやめください。また表面を過度に強くこすらないでください。意匠性が損なわれたり、表面意匠層が損傷し、変色するおそれがあります。部分的にキズの補修を行った場合、周囲の外観と違って見えることがあります。“周囲をぼかす感じでこする”ことがポイントです。

※スポンジを使用する場合は、スポンジの取り扱い説明書を確認願います。

メニュー

ページトップへ