後付樹脂内窓 プラメイクEⅡ

商品ページメニュー

商品特長

−断熱・遮熱効果−

  • 熱は窓から

    熱は窓から

    涼しさや暖かさは、窓やドアからどんどん逃げていきます。冬の暖房時には家全体の約58%もの熱が窓やドアから外へ流れ出ています。また、夏に窓やドアから入り込む熱は家全体で約73%に達します。

  • 空気層+樹脂で高い断熱性を発揮

    空気層+樹脂で高い断熱性を発揮

    窓からの熱の流出入を抑えればエアコンの効きがアップします。冬は寒さを入れにくく、夏は涼しさを逃がしにくくなるため、冷暖房コストの節減に貢献します。プラメイクEⅡを取り付けることで、既設外窓との間に生まれた中間空気層と、熱が伝わりにくい樹脂が外気と室内を遮断し、高い断熱効果を発揮します。

  • 室内側窓表面温度の比較

    室内側窓表面温度の比較

  • 断熱性

    断熱性

  • 夏の遮熱効果を高める

    夏の遮熱効果を高める

  • 省エネになって家計にやさしい

    プラメイクEⅡを取り付けることで、窓からの熱の出入りを大幅に抑え断熱性がアップします。断熱性に優れた住まいは、エアコンの効きが良くなるので、冷暖房費の節約やCO2排出量の削減に期待がもてます。

  • 算出条件

    ●計算ソフト:「AE-Sim/Heat」 ●計算地点:3地域 盛岡(拡張アメダス気象データ2000年版標準年を使用)/(一社)日本建築学会 ●エネルギー消費量算定方法:国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」に基づきエネルギー消費量、暖冷房金額に換算。 ●モデル:IBEC「平成25年省エネ基準に準拠した算定・判断の方法および解説Ⅱ住宅」の寒冷地モデル(2階建/延べ床面積120.08㎡、間口部面積:25.3㎡) ●スケジュール:在室者および住宅設備の運転条件は「住宅事業建築主の判断基準」(4人家族)による ●暖冷房機器と運転条件:エアコン・灯油FF暖房機 間欠運転 暖房20℃、冷房27℃ 湿度60%(就寝時28℃) ●住宅断熱仕様と窓:[改修前]昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.5回/h)/アルミサッシ+単板ガラス [改修後]昭和55年省エネ基準適合レベル(換気回数1.0回/h)/アルミサッシ+単板ガラスにプラメイクEⅡ(複層)を設置(9窓) ●遮蔽物:全19窓のうち居室の窓(8窓)にレースのカーテン、和室の窓(1窓)に内障子を設置 ●窓の性能値:熱貫流率 サイズ別のJIS計算 日射熱取得率 サイズ別のJIS計算 ●電気料金:27円/kWh(社)全日本家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価 ●CO2排出係数(電気):0.554kg-CO2/kWh 電気事業連合会「電気事業における環境行動計画」2014年度二酸化炭素排出係数 ●灯油料金:90円/ℓ 石油情報センター「全国平均灯油(配達)小売価格(2019年1月)」 ●CO2排出係数(灯油):2.49kg-CO2/ℓ 環境省「家庭からの二酸化炭素排出量算定用排出係数一覧」平成22年3月 ●CO2吸収量(スギの木):14kg-CO2/本 環境省「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」・建物の構造、住まい方の条件により同様の効果が得られない場合があります。

−防音効果−

  • 外からの騒音や室内の音漏れを抑える

    外からの騒音や室内の音漏れを抑える

    今ある窓+プラメイクEⅡで二重窓になり、その間に生まれた中間空気層は防音効果を高めます。窓からの騒音の侵入を防ぎ、室内の音漏れを抑えてくれます。

  • より防音効果を高める

    より防音効果を高める

    窓とプラメイクEⅡの間隔を広げ(ふかし)中間空気層を大きくするふかし枠(オプション)を使うと、より効果的。

  • 交差点の騒音が美術館の静かさになる。

    交差点の騒音が美術館の静かさになる。

    今ある窓にプラメイクEⅡを取り付けると、−40dBの遮音効果が得られます。これは、幹線道路の交差点における耳障りな騒音から一転、美術館や図書館の静けさへと劇的に変化します。

  • 数字で見る騒音レベル

    数字で見る騒音レベル

−結露軽減−

  • 結露抑制の秘密は二重窓と樹脂

    結露抑制の秘密は二重窓と樹脂

    今ある窓とプラメイクEⅡとの間に生まれる中間空気層で、外気温の影響が受けにくくなります。さらに枠・障子は熱を伝えにくい樹脂製なので、結露の発生を軽減します。

  • 結露のしくみ

    結露のしくみ

    普通のグラスに氷を入れて放っておくと、水たまりで下がびちょびちょになりますね。窓の結露もこれと同じです。冷たいガラスに暖かい空気が触れることで、水蒸気が冷やされ水に変化するのです。二重窓は、二重構造のグラスにするようなもの。二重構造によって空気層が生まれ、外気による温度変化を抑えるので結露が発生しにくくなります。

−防犯効果−

  • 二重窓なら侵入をあきらめやすい

    二重窓なら侵入をあきらめやすい

    侵入の手口で多いのが「ガラス破り」。二重窓になれば外窓のみの場合より破壊に時間がかかります。侵入盗は侵入に5分以上手間取ればあきらめる確率が高くなる、という調査データもあります。

  • 空かけ防止機能付クレセントを標準装備

    空かけ防止機能付クレセントを標準装備

    障子が少しでも開いているとクレセントが回らない「空かけ防止機能」を標準装備。カギのかけ損ないを防ぎます。さらに、ボタンをスライドするだけでダブルロック状態になり、施錠は緑色のマーカーで確認できます。

−スピード施工−

  • 今ある窓はそのままで、大がかりな工事ではありません。

    今ある窓はそのままで、大がかりな工事ではありません。

  • いつものように家事もOKで、わずらわしさはありません。

    いつものように家事もOKで、わずらわしさはありません。

  • 工事はアッという間に完了します。

    工事はアッという間に完了します。

後付樹脂内窓 プラメイクEⅡ
スピード施工 施工動画

商品ページメニュー

ショウルームで商品を見る

ページトップへ