玄関選びのポイント!
玄関の機能

玄関ドアは、素材やデザイン、スペースや用途はもちろん、性能についても家族が求める暮らしに合っていることが大切です。
ここでは玄関ドア選びの際にぜひ知っておきたい6つの機能をご紹介します。

 
個性 自分らしい住まいと暮らしを玄関から

玄関が単なる出入口としてとらえられていたのは昔の話。今では住まいの印象や住む人らしさを表現する「家の顔」としての役割に加え、暮らしを楽しむ演出ができ、ストレスのない生活を実現する便利な機能を備えるなど、家族にとっても快適な空間であることが求められています。わが家にふさわしい玄関選び。それは、10年先、20年先も家族が笑顔でいられる毎日を考えることから始まります。

個性

 
個性豊かな玄関で、暮らしにうるおいを
  • 季節を感じる暮らしがしたい
    季節を感じる暮らしがしたい
    リースを飾って季節感を演出

    庭が狭くてガーデニングができない家でも、玄関に花を飾るだけで、季節を感じられるもの。おすすめは、手軽に楽しめるリース。季節ごとにリースを替えるだけで、玄関の雰囲気がガラッと変わります。リースフックが付いている玄関ドアも登場しています。「リースが新しくなったね」とか「あの花の名前は何?」といった風に家族や友達との会話のきっかけにもなりそうです。

  •  
  • 住宅外観とコーディネートしたい
    住宅外観とコーディネートしたい
    基本になる色やカタチを決める

    モダン・洋風・和風といった住宅全体のテイストを考慮することはもちろん、窓やエクステリアなどと、トータルにコーディネートすることが大切です。たとえば上の写真は、たて格子のデザインを基本に各アイテムを選びコーディネートしたもの。基本になるカタチや色を決めて選んでいくことが統一感のある住宅外観への近道です。

  •  
  • 個性的な玄関にしたい
    狭い玄関を広く見せたい
    カタチや素材感にこだわる

    家の顔となる玄関だからこそ、デザインや質感にもこだわりたいもの。最近の玄関は、機能性を十分保ちながらも、カタチや素材感を追求した、デザイン性の高いものが多く登場しています。例えばドアの上部がアールを描いた玄関ドアや、リアルな木質感を追求したもの、鋳物パーツ、ステンドガラスを用いたものなど、個性を発揮できる玄関がそろっています。

ページトップへ