リフォーム場所から商品を探す
車庫まわりのリフォーム
Plan E 限られたスペースだからこそ開放感のある演出を。
限られたスペースだからこそ開放感のある演出を。
カースペースやアプローチ、限られた敷地条件の中では、どうしても気になるのがカーポートの柱位置。車庫入れや乗降時のことを考えるとできるだけ柱は少ない方がよいでしょう。このプランでは片側支持タイプをチョイス。柱は敷地の境界ギリギリに立て、屋根を車が止めやすい位置まで移動することで開放感とゆとりある理想のカースペースを創り出しています。

カーポート選びのポイント
U.スタイルU カーポート選びのポイント
ページトップへ