門まわり&庭のリフォーム

大切な家族と楽しく暮らしたいから、ペットが喜ぶ庭づくり

ペットはかけがえのない家族の一員。
みんなで心地よく過ごす庭の実例や、ドッグガーデンのヒントをご紹介。
安全・快適な庭づくりを考えます。

安全・快適なドッグガーデンのヒント

ワンちゃんにもやさしい「安心デッキ」にリフォーム

  • Scene 1
  • Scene 2
  • Scene 3

Scene 1 雨や雪でも遊べる明るい屋根と足にやさしい砂利のお庭

住まいを全面建て替えしたM様邸。お庭は愛犬モコちゃんと遊べるように工夫をこらしました。たとえば庭の奥には木を残して日陰をつくり、熱がこもらず犬の足にやさしいという溶岩石の砂利を一面に。「モコも気に入ってるみたい。庭に放すと砂利のところに行ってしまって、なかなか戻ってこないんですよ」

部屋からデッキをのばし、積雪にも安心な屋根も設置。「おかげで雪が降ってもお庭に出られます。屋根から光が入って明るいし、熱線遮断タイプなので夏も涼しいんです。モコと快適に過ごせる庭になって満足です」

左/カーポート『スノースカイ』の屋根を設置。光を通すので明るく、積雪対応・熱線遮断で一年中快適。花壇はフェンスぎわにまとめたローメンテナンスな庭です。右/奥様とヨークシャーテリアのモコちゃん。「人も犬も大好き、陽気で社交的な子なんですよ」

左/人の腰掛けやすさと、モコちゃんが室内から勝手に庭に降りないように考えて、デッキはあえて高くしました。中央/花壇をひやかしたり、何にでも興味津々の元気なモコちゃん。とくに砂利のスペースが大好き。暑い季節は立山杉の木陰が定位置でした。

Scene 2 庭先のガーデンルームで4匹のネコと快適にくつろぐ

「ネコたちの居場所に」と『晴れもようⅢルルム』を設置したT様邸。「リビングの延長としてお部屋感覚で使いたかったので、床は風合いのやさしい人工木に。腐食しにくく、汚しても気軽に水洗いもできますから」

窓を開けて網戸にすれば、ネコも外に逃げないし、自然の中にいるようないい気持ち。ネコたちは思い思いに外を眺めたり、お昼寝したり。「休日は私も一緒に過ごし、ブラッシングしてあげたりしてます」。ここに隔離すれば匂いも気にならないので、お客様も気軽にリビングにお招きできるようになりました。

「名前はクック、ジジ、キキ、トラです。それぞれお気に入りの場所があるみたい」。『晴れもようⅢルルム』は天井からも光が入って明るく、日除けで日射しの調節もできて、居心地満点。

床には、木のぬくもりと耐久性を兼ね備えた人工木デッキ『ひとと木』を採用。バックヤードとの行き来を考えて、側面は階段状にデッキをのばしました。

Scene 3 広々テラスと芝生で、愛犬と思いっきり遊んでます

老朽化したウッドデッキをリフォームしたT様邸。新設したガーデンルーム『M.フレージ』の前にはテラスが広がり、その先は家庭菜園や芝生の庭。テラスを低い塗り壁で囲んだので、広がりや開放感はそのままで、お隣や道路からの視線を気にせずにくつろげます。

芝生の庭はドッグランとして、坊やと愛犬モカくんの遊び場所に。「テラスのステップを低くしたので、モカの上がり下りもラクみたい。水道もつけたので、遊んだあとテラスで足を洗ったりもできてとても便利です。子どもも犬も思いっきり走れてゴキゲンですね」

左/『M.フレージ』〜テラス〜芝生を行き来して、愛犬が自由に遊べるお庭です。右下/テラスの塗り壁は、道路からの目隠しだけでなく、愛犬が菜園の方へ行かないようにと考えて設置されたもの。

ページトップへ