窓選びのポイント

窓選びのポイント 窓のカタチ

窓は外観の印象だけでなく、光を取り入れる「採光」、風を室内に取り入れる「通風・換気」、「眺望」といった機能があります。

窓の種類は、主に開く方法やデザインによって分類されますが、用途やデザインに合わせて適切な窓を選ぶことが大切です。


 
引違い窓
最も一般的な窓です。左右どちらからでも開くことができ、サイズバリエーションが豊富です。
左右にスライドして開閉する窓。

引違い窓
引違い窓に面格子やシャッターを組み合わせることで、
防犯や台風に配慮した窓もあります。




引違い窓

引違い窓

引違い窓
 
通風量が調整しやすくあらゆる空間に対応します。
 

引違い窓(単体サッシ)

面格子付引違い窓

シャッター付引違い窓

雨戸付引違い窓

 

 

 
装飾窓
洋風住宅で多く使われ開閉方法やデザインが豊富です。
押す・引くの動作で開閉する窓。

装飾窓

たてすべり出し窓

左右どちらかを吊り元と
して外に開く窓。

開き角度を変えることで、
通風量を調整できます。

風上に窓を設けることができない場所におすすめです。
 
窓の枠に沿って外側にスライドして開く窓。
室内側に張り出さないので、室内が狭い場合でも、取り付けできます。

装飾窓

すべり出し窓


装飾窓
装飾窓
 

内倒し窓

外倒し窓

 
換気が必要な場所におすすめです。

ガラス戸が内(外)に
倒れて開く窓。

小さなスペースに対応します。
 
 
上下にスライドして開閉する窓。

装飾窓

片上げ下げ窓(シングルハング)


上の障子は固定で下の障子が上下にスライドします。

洋風の住宅におすすめです。
 
複数の障子(ガラス)が連動して開閉する窓。

装飾窓
装飾窓
 

ダブルガラス
ルーバー窓

オーニング窓

 

デザイン性に優れ、通風量の調節ができます。室外側への張り出しが少ないので開閉にもスペースを取りません。

プライバシーを守りながら換気が必要な場所におすすめです。
 
 
ガラスを枠にはめ込んだ開閉しない窓。

装飾窓




装飾窓
 

FIX窓

1/4円FIX窓

 
採光・眺望のための窓です。開閉の必要がない場所に設置します。

おしゃれに光を取り入れたい場所におすすめです。
 
折りたたみ式の障子が開閉する窓。


装飾窓


フルオープン 折りたたみ窓

アコーディオン状の障子ですので、開口幅いっぱいに開くことができます。

リビングとウッドデッキをつなぐ場所におすすめです。
 
 
 

 

 
出窓
デザイン性に優れ、室内を広く見せる効果があります。
外側に張り出した形状の窓。


台形出窓 引違い窓タイプ
開閉の方法には、引違い窓やたてすべり出し窓があります。
外観デザインには、台形、角形、弓形があります。

出窓

出窓

 
洋風リビングにおすすめです。
 

台形出窓 引違い窓タイプ

角型出窓

ボウウインドウ

 

 

 
天窓
 
壁に付けた窓の約3倍の採光が可能です。
屋根に取り付ける窓。

天窓

天 窓



プライバシーを守りながら、採光・通風ができます。
壁面に窓を設けることが困難な敷地におすすめです。
 
ページトップへ