施工手順

既設枠を残すSRカバー工法だから簡単でスピーディーな施工
既設枠を残して、新しい枠を取り付ける「SRカバー工法」は、壁や床などの工事が一切不要。わずか1日で取り替え作業が完了します。

※施工方法(納まり)によっては、工期がかかる場合があります。

事前に寸法を測り、ご希望のデザインを決め、工事指定日・見積りなどの打ち合わせをします。開口寸法を測ります。

工事指定日にお伺いして工事を始めます。まずは古くなった障子などを取りはずします。

古い引戸の枠だけは残しますので、壁面や床を傷める心配がありません。

(注) 下枠の形状によっては、既設下枠を取りはずす必要があります。

古い枠の上から新しいリフォーム枠を取り付け、障子を取り付けます。

現場納まりにより外部化粧カバー(大・小)や内部化粧カバーを取り付けて、防水処理を施します。

細部のチェックと補修を行なって工事は完了です。

※施工方法(納まり)によっては、工期がかかる場合があります。

ページトップへ