床材 Sフロア

使用上のご注意

美しく快適にご使用いただくには、日頃のお手入れが大切です

キズ・へこみを防ぐ

キャスター

キャスター耐キャスター性がないタイプにキャスター付家具は使用しないでください。万が一使用される場合は、カーペットなどで床面を保護し、過度の荷重にはご注意ください。

※ 耐キャスター性があるタイプもキズがつかないわけではありませんので、過度の荷量にはご注意ください。
※金属製キャスターおよび球状キャスターは使用しないでください。

イスの脚

イスの脚イスを引いたりする際に床表面にキズをつけるおそれがありますので、イスの脚部にフェルトなどをつけることをお薦めします。

重量物

重量物ピアノなどの重量物を置く場合は、下地の補強を施したうえで脚部に敷板などを敷き、荷重を分散させてください。また、移動の際は引きずらないように注意してください。

ペット

ペットペットの爪による引っかきなどで、床表面にキズがつくおそれがあります。

車イス

床面にキズや汚れがつく場合があります。

土足

上履き専用ですので、土足でご使用にならないでください。靴に付着した砂や泥が、すりキズやしみの原因になります。

しみ・色あせを防ぐ

飲み物・しょう油

飲み物・しょう油コーヒーやしょう油などをこぼしたまま長時間放置しておくと、しみや変色の原因になりますので、すぐに拭き取ってください。

観葉植物

観葉植物鉢から水分がもれて床に染み込むと、しみ・膨れ・ひび割れなどのおそれがありますので、深めの受け皿を使用するなどして床に水分がこぼれないように注意してください。

ペットの排泄物

ペットの排泄物ペットの排泄物を長時間放置したままにするとしみ・変色の原因となりますので、すぐに拭き取ってください。ペット用トイレの周辺に、マットなどを敷いてください。

たばこ

たばこ火のついたたばこを落とした場合は、すぐに取り除いてください。こげ跡が付くととれません。またたばこのヤニは、アルコールを染み込ませた布などで拭き取ってください。

かび取り剤

床面にかび取り剤などをこぼした場合には、速やかに拭き取ってください。

靴墨・毛染液

靴墨などによる汚れは、取れません。ご使用の際は、床の上にビニールなどのカバーをしてください。

ひび割れを防ぐ

冷蔵庫

冷蔵庫冷蔵庫の熱風が床面に直接当たると、ひび割れの原因となりますので、マットを敷くなどしてください。

直射日光

直射日光直射日光が長時間当たるとひび割れのおそれがありますので、なるべくカーテンなどで遮ってください。

水濡れ

水濡れ脱衣所など頻繁に水分と接する所には水まわり対応フロアを使用し、マットを敷いて保護してください。また、窓などの開口部からの雨水の吹き込みおよび結露に注意してください。濡れたまま放置しておくと、ひび割れ・膨れなどの原因になりますので、すぐに拭き取ってください。

エアコン

エアコンエアコンなどの暖房機器などを連続運転する場合は空気の乾燥に注意し、加湿器などで湿度を調整してください。(45〜70%)乾燥しすぎると、ひび割れ・目スキ・浮きなどが発生する場合があります。

床暖房・ホットカーペット

シートフロアの床暖房パネルは、必ず小根太付温水タイプを使用してください。またシートフロアでは、ホットカーペットをそのままお使いいただくことができますが、下敷きなどをご使用いただいて、過度の熱とならないようにご注意ください。

温風暖房器

暖房器などを置く場合フロアに温風が直接当たらないようカーペットなどを敷いて保護してください。

毎日のお手入れは、乾いた雑巾やモップでの乾拭きが基本です

通常のお手入れは、表面の汚れを落とす乾拭きを行ってください。

普段は、乾いた雑巾やモップでの乾拭きで十分です。掃除機よりも細かなホコリなどが取れ、美しいツヤを保ちます。

※ 化学モップを使用する場合、ドライタイプをご使用ください。また、長時間床に放置したままにすると、変色するおそれがありますのでご注意ください。

汚れがひどい場合は、固く絞った雑巾などで拭き取ってください。

乾拭きでも落ちない頑固な汚れは、濡らした雑巾を固く絞ってから拭き取ります。また、汚れの程度によっては、台所用合成洗剤(液性:中性)をご使用ください。

※雑巾を十分に絞らずに水拭きすると、ひび割れ・反り・膨れの原因になります。
※ 台所用合成洗剤(液性:中性)を使用した場合は、洗剤成分が残らないようきれいに拭き取ってください。
※スチーム洗浄機は使用しないでください。

表面に特殊処理を施しており、面倒なワックス掛けの必要はありません。

リアルグランド・Sフロア・突板フロアは、ワックス掛けは不要です。

※ワックス掛けをした場合、表面がワックス性能となり、本来の性能を損なうおそれがあります。
※表面に特殊処理を施していますので、指定ワックス以外のコーティング処理を行った場合、コーティングがはがれる場合があります。
※お客様のご都合でワックス掛けをされる場合は、当社推奨ワックスをご使用ください。
※推奨ワックス: 「リンレイ ハイテクフローリング」

木質床材には下記の特性がありますのでご理解の上ご使用ください。

床鳴り

木は湿気を吸収・放出する機能を持っていますが、それに伴う伸縮により接合部から音が発生することがあります。木材としてのやむを得ない現象ですが、施工など別の原因によって起こる場合もあります。

反り・突き上げ・目スキ

木材を使用しているため、反り・突き上げが発生する場合があります。また、床材の伸縮作用により、継ぎ目に目スキ(すき間)のできる場合があります。

虫食い

合板基材の床材の場合、ヒラタキクイムシなどの侵食により、表面に小さな穴があくことがあります。

※ 製造工程で加熱するため、虫の生存はありません。輸送中・保管中・施工後に飛来して卵を産みつけることがあります。

色の濃淡バラつき・節・入り皮・てり(リアルグランド、突板フロア)

色のバラつきや節・入り皮などは製造工程でなるべく出さないように調整していますが、天然木のムク材を有効に使用するために若干発生する場合がありますが、あらかじめご了承ください。

経年による色の変化
(リアルグランド、突板フロア)

直射日光や日常生活における蛍光灯の光、室内の温度などにより床材表面の色が変化する場合があります。

水まわり対応品の使用の注意点

濡れたらすみやかに拭き取ってください。

水が飛び散ったら、すみやかに拭き取ってください。フローリングは本質的に水気を嫌います。常時水の飛び散るおそれのある台所や洗面所周辺は、マットを敷いて保護してください。

濡れたまま放置すると美観が損なわれます。

水をこぼしたまま放置したり、マットを濡れたまま放置しておくと、しみなどで美観が損なわれることがあります。さらに長期にわたり水がかかりますと、表面がひび割れたり、剥がれることがあります。そのまま放置せず、そのつど乾かしてください。

ページトップへ