オン・ザ・デッキ

ライフスタイルマガジン

2016年6月号 暮らす

デッキの上で育てるならどっち?

アウトドアデッキライフの楽しみのひとつ、プランターで家庭菜園。
食卓を華やかにする野菜、憩いの時間をくれるハーブ、
自分で育てて楽しむなら、あなたはどちらがお好みですか?

ひとと木2派 プランターでおてがる菜園
ラステラ派 プランターでおてがるハーブ園

野菜やハーブを育て始めると、晴れた日はもちろん、雨の日だって好きになってしまいます。今回ご紹介するのは、プランターで栽培できる野菜&ハーブの中でも、比較的簡単に育てられるものばかり。プランター菜園初心者のあなたも、デッキの上で育てる楽しみ、食卓の上で食べる楽しみを、ぜひ満喫してください。

ひとと木2派

ミニトマト

ミニトマト

ミニトマトの育て方

1.プランターに培養土を入れ、植える場所に盛り土をします。複数の苗を植える場合は30cm以上離して植えましょう。

2.2週間程度して茎が伸びてきたら、5cmほど離して支柱を立て、麻ひもやビニールひもで固定します。

3.ミニトマトは成長するにしたがい葉の根元から「わき芽」が生えてきます。放置すると実付きが悪くなったり病害虫の原因になるため、数日に1回、わき芽を根元から取り除きます。

4.緑色の実が膨らみ始めたら追肥します。15g程度を株の周りに撒き、土と混ぜ合わせます。以降、3週間に1回のペースで追肥を行います。

5.花が咲いてから1か月もすると収穫できます。全体が赤く色づいた実から1粒ずつヘタを切って収穫しましょう。

ミニトマト時期

ラディッシュ

ラディッシュ

ラディッシュの育て方

1.プランターに培養土を入れ、土に深さ1cm程度の溝をつくります。10cm程度の間隔を取れる場合は2列にもできます。溝に種をパラパラと「筋まき」し、土をかぶせてたっぷりと水をやります。

2.土が乾いたら十分に水をやり、1週間ほどで発芽します。双葉が生え揃ったら2cm程度の間隔で元気なものが残るように間引きします。

3.本葉が4枚ほどになったら4cm程度の間隔になるように間引きします。同じ時期に追肥を行います。

4.根が大きくなり、直径が2cm以上になったら収穫時期です。根元の近くを持って引き抜きます。

ラディッシュ時期

ラステラ派

バジル

バジル

スモークサーモンとアスパラのキッシュ 材料

1.プランターに土を入れ、10〜20cm程度の間隔で苗を植える穴を掘ります。苗を植えたらたっぷりと水をやります。以降は水やりを控えめにし、土が乾いたら水を与えます。

2.本葉が10枚程度になったら、根元から2〜3段を残して先を剪定します。カットした部分から二股に分かれて育つため、収穫量を増やすことができます。

3.バジルは穂のような花が咲くとそちらに栄養分が取られてしまいます。花穂ができ始めたら摘み取るようにしましょう。

4.葉が大きくなったら柔らかいものを収穫します。葉や枝が混みあうと蒸れてしまうため、こまめに収穫しましょう。

バジル時期

ラディッシュ

ローズマリー

ラディッシュの育て方

1.ローズマリーには、垂直に伸びる「立性」と這うように伸びる「匍匐性」があり、プランターの場合は立性がおすすめです。プランターに土を入れ、複数植える場合は30cm程度の間隔をあけて苗を植えます。

2.植えつけ時にはたっぷりと水をやり、以降は土が乾燥したら水を与えます。ローズマリーは乾燥に強く湿気に弱いため、水のやりすぎには注意しましょう。

3.ローズマリーは年中収穫できます。枝が混みあってきたら刈り込みを行います。特に湿度が高くなる梅雨や冬の時期には刈り込んで風通しをよくしましょう。

4.根の生育も旺盛なため、プランターで栽培する場合は年1回程度のペースで大きなプランターに植え替え、根詰まりを防ぎます。

ローズマリー時期

オン・ザ・デッキ トップに戻る
ライフスタイルマガジントップに戻る

商品の詳細はこちら

ひとと木2
ラステラ
ページトップへ