WEBカタログ

侵入盗の行動パターンと心理を知ろう!
留守を見抜く方法は?
不在確認方法(戸建住宅の場合)
警察庁ホームページより 住まいる防犯110番
侵入窃盗犯は、まず目的の家が留守かどうかを確認します。最も多い方法が「インターホンで呼んでみる」で、「人の動きがないか見張る」と合わせると全体の6割以上。また、カーテンのしまり具合やたまった郵便物など、外から見える家の様子も留守確認の大きな方法となっています。
留守を見抜く方法は?
どこから侵入するの?
侵入窃盗犯の侵入口(戸建住宅の場合)
警察庁ホームページより 住まいる防犯110番
戸建住宅の被害例で一番多いのが「窓からの侵入」!中でも最も多いのは、直接庭に出入りできる「1階居室の窓」です。玄関、台所、浴室・トイレの窓、勝手口も防犯対策のチェックポイント。1階建て以上の住宅の9割が、1階から侵入されています。
どこから侵入するの?

どんな手口で?
空き巣ねらい侵入手口(戸建住宅の場合)
警察庁ホームページより 住まいる防犯110番
無締まりに次いで多いのが「ガラス破り」。窓ガラスを破り、クレセントをはずして窓を開けるという手口が、全体の約4割を占めています。また、侵入窃盗犯は「カギのかかっていないドアや窓からの侵入」という無締まり状態も見逃しません。被害例の8割以上が、この2つの手口です。
どんな手口で?
侵入をあきらめる時間は?
侵入をあきらめるまでの時間
警察庁ホームページより 住まいる防犯110番
最も多いのが、2〜5分。ということは、5分以上手こずれば、あきらめる確率が高くなるわけですから、カンタンに侵入されない対策を考えましょう。また、侵入に10分間以上を要すると、9割以上が侵入をあきらめるというデータも出ています。
侵入をあきらめる時間は?


※ 住宅対象の侵入盗とは、不在の住宅に侵入する「空き巣ねらい」、夜間、寝静まった時に侵入する「忍び込み」、昼寝や食事等の間に侵入する「居空き」の手口をいいます。
ページトップへ