WEBカタログ

「近づけない」「阻止する」 2つの防犯対策で「自己防衛」
心理的防犯 侵入する気にさせない 敷地内に侵入させない外構プラン
敷地内に侵入させない外構プラン
高さがあり見通しの良いデザインのフェンスや門扉を選び、簡単に侵入できない印象を与えることが大切です。

物理的防犯 容易に侵入させない 施錠を習慣づける
施錠を習慣づける
ゴミ出しなどのちょっとしたスキの「無締まり」も狙われます。日頃から施錠する習慣をつけましょう。


侵入しにくいと思わせる抑止効果
侵入しにくいと思わせる抑止効果
堅牢な印象の面格子やシャッター・雨戸は侵入しにくいと思わせる抑止効果があります。場所に窓に合わせて取り付けるのが効果的です。

窓やドアを強化する
窓やドアを強化する
補助錠やロックセットの強化、防犯ガラスなど侵入を5分以上遅らせる対策をとることで、侵入をあきらめる確率が高くなります。


留守を見破られない工夫
留守を見破られない工夫
留守を見破られないように、カーテンを開けて外出する、電灯をつけておくなど、一目で留守だと分からないような工夫が必要です。

複数の防犯対策
複数の防犯対策
シャッターなどの防犯に有効な商品と、センサーなどの威嚇・通報装置との組み合わせで、よりセキュリティに配慮した家づくりが可能となります。


光と音で威嚇
光と音で威嚇
侵入盗は人目につくことを嫌います。人が近づくと点灯するライトや、光と音で威嚇する警報ベルなどが効果的です。

窓のサイズを工夫する
窓のサイズを工夫する
人が侵入しにくい小さいサイズの窓を複数組み合せて設置するのも侵入防止に有効です。



ページトップへ