ニュースリリース

2007.10.26
(2007.11.13更新)
マンション用手すり(後付け工法アルミ形材タイプ)の自主改修について(ご報告とお詫び)

 日頃は、三協立山アルミ商品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
さて弊社では、「マンション用手すり」の一部に弊社カタログ値を満足しないものがあることがわかり、データを精査しつつ現場調査の上、順次、自主改修の準備を進めております。
 皆様にはご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

 これは、平成15年6月から平成19年7月までに販売した商品の一部において、現場施工の際に用いる施工手順書への指示が不充分であったことによるものです。
 弊社は精査対象として「該当・非該当を含めた207件」について把握しており、弊社または建設会社様・設計事務所様などを通じ既にご案内を終了し、現場調査により該当案件を特定しつつ、修理が必要なものについては無償改修を進めてまいります。

 これまで弊社は、不具合が判明したあと直に社内調査を進め、原因特定や改修方法の検討を行ない、その結果を9月に財団法人ベターリビング(BL)に報告し、さらに国土交通省、経済産業省にも説明・報告した上で、順次対応を進めてまいりました。
 お客様各位には、多大なご心配とご迷惑をお掛けいたしておりますが、ここに、原因とこれまでの経過等につきましてご報告を申し上げ、改めて謹んで深くお詫び申し上げます。



1.対象商品
マンション用手すり(後付け工法アルミ形材タイプ)の一部

  • 主に、マンションのバルコニー・廊下が対象の商品の一部であり、一般の戸建住宅用やエクステリア用の手すりについては問題ございません。
  • 「後付け工法」以外の工法は、本件の対象ではありません。
  • 弊社手すり施工物件の2.8%を精査対象(該当、非該当を含め)にしております。
  • 大人3人が寄りかかっても直ちに壊れないなど基本的な安全性は確保しており、日常生活に支障はございません。また、これまで事故などの発生報告はございません。
  • 万一、ご心配な向きがございましたらご一報願います。


2.ご連絡、お問い合わせは下記のとおりです。
マンション名、住所をお聞かせいただければ窓口で確認させていただきます。

専用窓口 フリーダイヤル 0120−20−2690
<受付時間> 9:00〜12:00 13:00〜17:00 土、日、祝日を除く



3.精査対象としている案件
---添付資料:207件リスト(該当、非該当を含め)---(13KB)


ページトップへ