第4回 最終審査会・表彰式・見学会の様子

 最終審査会では、応募総数80作品の中から1次審査会を通過した7作品の制作者によるプレゼンテーションが行われ、審査員長の西沢立衛先生をはじめ審査員の先生方による公開審査により、最優秀賞2作品、優秀賞2作品、特別賞3作品を決定いたしました。三協アルミ賞は建材提案を応募いただいた作品の中から、当社の開発部門等による社内審査により、1作品を決定いたしました。表彰式では、8作品の受賞者(14名)に中野社長より表彰状と記念品を贈呈いたしました。
 また、受賞者には、最終審査会の前に三協アルミ社射水工場を見学いただくとともに、翌日には、建築家として国内外で活躍されている西沢先生が設計された「金沢21世紀美術館」を訪問。西沢先生をはじめ審査員の先生方にもご同行いただき、設計当初のお話などを西沢先生からご説明いただきました。

最終審査会 (2018年12月13日)

一次審査を通過した7作品(12名)によるプレゼンテーションが行われ、審査員の先生方による公開審査により各賞が決定しました。

表彰式 (2018年12月13日)

表彰式では中野社長より表彰状と記念品、目録が授与されました。

工場見学 (2018年12月13日)

アルミ形材の押出・表面処理・着色技術などの製造工程を見学していただきました。

金沢21世紀美術館見学 (2018年12月14日)

審査員長である西沢先生より、設計当初のお話をうかがいながら作品を鑑賞しました。

ページトップへ