お客様サポート

停電時の電動商品のお取り扱いについて

■ビル商品

商品名 停電時の状態 停電中の操作方法 停電復帰後の復旧方法 停電への備え 備考

ドア
(電気錠)

  • MTG−70シリーズ
  • サンミッテシリーズ
  • 3A70AT
  • 3A100AT
  • 3A120AT
  • ARM−Sシリーズ
  • instax
  • STフロント

電気で動作する錠前「電気錠」は作動しません。

一般的に電気錠には以下の種類があり、停電時の状態はその仕様により異なります。

①【通電時解錠型】
停電時は施錠となります。

②【通電時施錠型】
停電時は解錠となります。

③【瞬時通電時施解錠型】
停電時は停電前の状態を維持します。

扉の開閉には、キー、又はサムターン操作が必要 な場合があります。

①【通電時解錠型】
キー、又はサムターンの操作で一時的に解錠し開閉します。

②【通電時施錠型】
そのまま開閉できます。

③【瞬時通電時施解錠型】
停電前に施錠となっていた場合は、キー、又はサムターンの操作で解錠し、開閉します。停電前に解錠となっていた場合は、そのまま開閉できます。

※アンチパニック機構付きの電気錠の場合は内側からに限り、そのまま開閉ができます。

停電前の状態を維持した状態 の場合は、そのまま使用できます。

①【通電時解錠型】
そのまま使用できます。

②【通電時施錠型】
そのまま使用できます。

③【瞬時通電時施解錠型】
停電前の状態から施錠状態が変わっている場合は、必要に応じ施錠、もしくは解錠操作が必要です。

電気錠の種類により、防犯上注意が必要な場合があります。

①【通電時解錠型】
外側からの出入りには、キーが必要です。

②【通電時施錠型】
停電時は解錠となります。防犯 が必要な場合は電気錠以外の手段で通路封鎖してください。

③【瞬時通電時施解錠型】
解錠状態から施錠状態としたい 場合は、キー、又はサムターンの操作で施錠してください。

 
  • 換気商品
    (新タイプ)
  • 横軸回転窓
  • 換気装置
  • スウィンドウ
  • ウィンコン

停電前の状態を維持します。

操作できません。

【停電前が「自動運転」の場合】
復帰後は、「手動運転」に切り替わっていますので、必要に応じ「自動運転」に切り替えてください。

【停電前が「手動運転」の場合】
そのまま使用できます。

雨風の浸入防止、もしくは防犯が必要な場合は、停電前に閉めてください。

詳細はこちら
  • 換気商品
    (旧タイプ)
  • 横軸回転窓
  • 換気装置
  • スウィンドウ
  • ウィンコン
 

雨風の浸入防止、もしくは防犯が必要な場合は、停電前に閉めてください。

詳細はこちら
ページトップへ